お知らせ

2.21府民大集会の動画をご覧ください

府民の立場にたった知事を―府民大集会に3000人

 シンガーソングライターの川口真由美さんのパワフルな歌声でスタート。
 開会あいさつで森川明・府民本位の民主府政をつくる会代表は、「これまでの知事選挙ではたいてい、この時期の集会の場で候補者を紹介してきましたが、今回はいません。市民と野党の共闘という新しい事態をふまえて、大きな枠組みで府知事選挙たたかいたい」と表明。
 光永敦彦京都府会議員による府政報告のあと、昨年10月の県知事選挙で市民と野党の統一候補を擁立し、勝利した「新潟に新しいリーダーを誕生させる会」事務局次長の川俣幸雄さんが講演しました。
 尾藤廣喜弁護士は貧困と格差が広がる京都府の実態を紹介しながら、「いのちの署名」運動の重要性を訴え、同志社大学大学院教授の浜矩子さんもメッセージを寄せました。穀田恵二衆院議員は、憲法改正など安倍政権への「援軍」となっている山田府政を批判し、府政転換を訴えました。
 リレートークでは、学費・奨学金問題、子どもの医療費問題、原発問題、文化パルク城陽売却と南部再開発問題について発言がありました。

 閉会あいさつで梶川憲 府民本位の民主府政をつくる会代表は、「権力にすりよる知事でなく、府民とともにある知事こそが必要です。『山田府政では京都はもう守れない』と、幅広い市民運動の方々と懇談が始まっています。総選挙中から、新しい共闘の中で府政の新しいリーダーをつくる挑戦が始まっており、全力を上げています。新しい知事を府民の手で生み出しましょう」と訴えました。

11.14大集会の報告(要旨)はこちら

浜矩子さん(同志社大学大学院教授)からの集会メッセージ

行け!きらめく京都府の光チームよ!
改憲は強兵のため。アホノミクスは富国のため。この二つの乗り物に乗って行く先は、21世紀版大日本帝国。この暗黒の野望を塞ぎ止めるのは、市民の力。
立憲野党と共に行く市民たちの動きです。我々は暗黒軍団と闘う光チームです。
闇は光に勝てません。隅々を照らし出す光の前に、闇将軍たちは書き割りと張りぼての実態をさらけ出す。立憲主義と民主主義と市民主義。この三位一体の輝きをもって、闇の時代を終焉に追い込みましょう。
行け!きらめく京都府の光チームよ!

11.14大集会の動画をご覧ください

みんなでつくろう! 憲法を守り、いかす京都-11.14府民大集合(仮称)

日 時
11月14日(火)開場18:00~ 開会19:00~
会 場
みやこめっせ
(地下鉄東西線「東山駅」下車/市バス「東山二条」下車)
2018年4月に控えた京都府知事選。
改憲への道STOP! 憲法を守り、いかす京都をみんなでつくる。
府民の要求と運動が総集合。
みんなでつくろう! 憲法を守り、いかす京都-11.14府民大集合(仮称)実行委員会
〒604-0993 京都市中京区寺町通夷川上るヒトミビル4階
Tel・Fax:075(253)6601
PDF
11.14府民大集合のご案内
ページトップへ戻る